増毛と植毛は何が違う?薄毛を増やす5つの方法

近年男女問わず問題になりつつある薄毛ですが、この対策法には増毛と植毛の2つが代表的な方法として挙げられるでしょう。
しかしいざ増毛や植毛と聞いても具体的にどのような方法かをイメージできる方は少ないと思います。
またかつらなどのイメージが多く、偏った知識を持っている方もいるでしょう。

そこで今回は増毛と植毛の違いについて、そして薄毛改善にお勧めな5つの方法についてご紹介しましょう。

まず最初に増毛と植毛の違いについて確認していきます。
増毛と植毛はほとんどの方が同じだと誤解しがちですが、薄毛の改善が目的な点以外は方法が全く違います。

というのも例えば増毛の場合主に薄毛の改善、また他人へ自然なヘアメイクの外観を重要視した方法です。
しかし植毛の場合は薄毛の根本的な解決を目的とし、短時間での薄毛の改善は余り期待できません。

これは増毛と呼ばれる方法の場合、ほとんどが自分の今ある髪の毛に何らかの細工をして見た目を整える為ですね。
その為いわゆるウィッグやかつらなどは増毛に該当し、短時間である程度の成果を得ることができます。

ところが植毛の場合は自分の毛や人工の毛を直接頭皮に植えるため頭皮に毛根がなじむことはっもちろん、手術をする為費用が結構掛かります。
しかし毛根がなじむ、または成長するため長いスパンで薄毛自体を解決する期待が持てるでしょう。

では実際にどの様な方法があるのか、まずは5つほどご紹介します。

まず最初に増毛からですが、増毛の場合は結毛式増毛法編み込み式増毛法接着式増毛法の3つが存在します。
これらの方法はいずれも人工の毛を使用する場合が多く短時間かつそこそこの費用である程度の効果が見込めるでしょう。
また施術自体も頭皮や髪の毛をいじるのではなく、あくまで細工程度のため後遺症や安静にする必要もありません。

薄毛の見た目をとにかく何とかしたい、手術は嫌だけど見た目を取り繕いたいと思う方にはぴったりですね。

そして植毛の場合は地毛植毛人工植毛の2つが存在します。
この植毛の場合はいずれも自分の頭皮に地毛あるいは人工の毛を植えるため、長いスパンを必要とします。
また手術のため予約や施術時間、また比較的高いコストが必要になるでしょう。

しかしこれらを超えるメリットとして、非常に自然な仕上がりが期待できます。
特に地毛植毛の場合、ほとんどの方が植毛後に髪の毛が定着、成長し薄毛自体の根本的な解決を体感しています。

費用がある程度かかっても薄毛に悩まされたくない、そんな方には非常にお勧めの方法ですね。

この様な増毛、植毛の方法がありますが自分はいまどのような目的で薄毛を改善したいか、この点が薄毛対策のヒントにもなります。
自分の頭皮環境、髪の毛の様子を見てじっくり選ぶことが大切ですね。

良い美容外科医になるにはどうすれば良い?大事な5つのポイント

近年美容整形に関心を持つ方が増えています。それに連れて美容外科医も注目を集めています。
では、どのような美容外科医が良い美容外科医といえるのでしょう?
良い美容外科医になるための大切な5つのポイントを挙げてみました。

まず、第一によく患者さんの気持ちや希望などをよく聞いてくれる医師が挙げられます。

美容整形は健康保険の適用外になる治療も多く、高額な治療費がかかることもよくあります。
何より大切な容姿に手を加えるわけですから、患者様がどのような気持ちで美容整形に臨むかを把握しておくことが重要になってくるでしょう。

漠然と外見を綺麗に見せたいという理由の患者様もいれば、事故などでできてしまった傷などを治療してほしいという患者様など、美容外科に来る患者様はいろいろな事情を抱えた方が受診します。
患者様の状況や気持ちを汲み取り、出来るだけ希望通りに施術に臨む気持ちが大切になってきます。

また現実的な問題としては、すべて患者様の希望通りにはできない場合も出てくるでしょう。
そういった場合でもきちんと患者様に説明をし、あらかじめ納得していただくことも大切なポイントとなります。

そしてこれも最も大切なことの一つですが、何よりも確かな技術が求められるでしょう。

美容外科はデリケートな作業が必要となります。確かな技術を身につけることができるよう日々の努力が求められます。
常に技術の向上を心がけ実践している美容外科医であれば、評判はネットや口コミなどで広がり患者様の獲得にも大いに貢献してくれます。

また、美容外科を受診する患者様は美しくなりたくて受診をする方がほとんどです。
美容外科医自身も普段から美容に高い関心を持つことが必要となってきます。

美容外科では一般では手に入りにくい化粧品なども扱っています。
ですから、日常的に美容に関する知識や情報を集めることも必要となってくるのです。
施術する医師自身が美容に気を配っていることが患者様に伝われば、それは医師自身の美容外科医としての信頼にも繋がることになるのです。

他にも美容外科は健康保険の適用外の施術を行うことも多く、患者様にとっては現実的な施術料金を気にする方も多いでしょう。
そういったときにも、多くのケースに対応できる柔軟な姿勢が必要となってきます。

今は美容外科へのハードルは以前よりもグッと低くなっていることもあり、それほど抵抗なく受診する患者様も増えています。
美容外科にとっては朗報ですが、それだけに患者様の期待に応えられる美容外科医になることが求められているということにもなります。

どのような職業にも要求されることですが、患者様に心から信頼される美容外科医になることが良い美容外科医への第一歩といえます。
きちんとした信頼関係を築くことができれば美容外科医としての将来は明るいものとなるでしょう。
今はプチ整形など美容外科に関心を持つ方が増えています。

また、就職試験の面接で少しでも良い印象を持ってもらえるようにと美容外科を受診する人も増えています。
そういった需要を見据えて将来的にどのような美容外科医になりたいか、具体的なイメージを持つことが必要となっています。

おススメ・求人サイト




就職した先のことまで教えちゃう!【かつやくカレッジ】




40代50代60代の医師転職ドットコム




転職希望医師の登録実績No1を更新中!医師転職ならエムスリーキャリア




事業者向けフリーランス人材の新しい採用支援サービス【High Class】




効率よく稼ぐ【JOBPAPER】




無料で研修を受けながら就活も【ウズウズカレッジ】

おススメ・【求人・転職】サイト



転職希望医師の登録実績No1を更新中!医師転職ならエムスリーキャリア



40代50代60代の医師転職ドットコム



事業者向けフリーランス人材の新しい採用支援サービス【High Class】



スキマ時間で働くなら「シェアフル」



効率よく稼ぐ【JOBPAPER】



無料で研修を受けながら就活も【ウズウズカレッジ】

テキストのコピーはできません。