店頭で買えないアイテムは個人輸入代行通販がおすすめ

この記事は約 4 分で読めます。

薬にはドラッグストアなどの店頭や一般的な通販サイトなどでは取り扱われていない、病院で処方してもらわないと購入できないものがあります。
しかし、病院に行く時間が取れなかったり、早漏治療薬などであれば医師に相談するのも恥ずかしいので行きにくいという人もいます。
このようなときは個人輸入を利用すると便利です。

処方せずに販売すると違法になる薬でも、自己責任で個人輸入で海外から購入することは認められています。
実際に自分で手続きするのは言葉の問題があるので難しいですが、個人輸入代行を行っている通販サイトがあるのでこれを利用すれば簡単であり、早漏治療薬など様々な薬が扱われています。

例えば、エムラクリームという薬は局所麻酔効果があります。
皮膚レーザー照射や注射の痛みを緩和するために使用されることがあります。
麻酔ですので塗った箇所の感覚が鈍くなる為、エムラクリームの効果は早漏治療にも役立ちます。
早漏に悩んでいても飲み薬に抵抗感があるという人も少なくありません。
そういった場合は、直接塗布するタイプのエムラクリームを使う方法も検討してみてはいかがでしょうか。

>エムラクリームを扱う通販サイトはこちら<

ただし、個人輸入代行を利用する場合は注意点もあるので把握しておきましょう。
偽物が送られてくるケースも多いので、その通販サイトの信頼性が重要です。
インターネットで検索すれば見つかる最大手のところが価格が安く、経営年数も20年以上で利用者も多く、成分鑑定もしているので信頼性が高いので無難です。
薬が本物でも偽物でも、使用したことで起きる異常は自己責任であり、公的な救済制度が受けられないことにも注意しましょう。

早漏治療薬には最悪のケースでは死に至る危険性もある副作用が出るものもありますが、このような薬でも自己責任で医師の診察を受けずに気軽に購入できてしまうことも注意が必要です。
どのような副作用があるのか確認し、用法用量を守って適切に使用し、異常を感じたときにはすぐに利用を中止して医師に相談します。

早漏治療薬のような診察を受けるのも恥ずかしく感じる薬もありますが、可能であれば最初は医師の診察を受けた方が安全です。
体質に合わなかったり、他の薬や食事などの組み合わせで悪影響が出ることもあります。
診察を受けてその成分を使っても問題がないのか確認し、実際に処方された薬で異常が起きないことが分かってから個人輸入代行を利用すると良いでしょう。

商品名が記載されていないので実家でも安心

実家暮らしの場合など、早漏治療薬などを使用していることを家族に知られたくないケースがあります。
個人輸入代行を利用して購入するときには商品名が記載されていない包装で送られてくるので、見られても何を購入したのか知られる心配はありません。

しかし、個人輸入になるため包装に記載されているのは英語になり、海外の通販利用していることは分かってしまうので、何を買ったのか追及されることは考えられます。
不審に思われて勝手に中を見られてしまえば何の薬か分かります。
このような不安を解消したい場合には、郵便局留めを利用すると良いでしょう。
郵便局留めは自宅などの近くの郵便局に配送してもらい、それを直接受け取りに行く方法なので、家族に見られたり、勝手に開けられてしまうなどの心配がありません。

個人輸入代行の通販サイトによってシステムは異なりますが、配送先の指定に郵便局留めがあれば、それを選択して届けてもらいたい郵便局の住所を入力すれば利用できます。
発送完了の通知に記載されている追跡番号を使って配送状況を確認し、到着したら受け取りに行きましょう。

郵便局留めを利用するときの注意点は、到着しても通知はされないので、自分で状況を確認する必要があります。
到着後にすぐに受け取りに行かなくても良いですが、保管期間は10日間であるため、その期限が過ぎる前に受け取ります。
海外からの発送で到着には早くても1週間程度はかかります。

なお、郵便局に受け取りに行くのが面倒でも、配送に勤務先を指定するのは勧められません。
住所が会社の事務所になっていると個人輸入と認められずに税関で止められ、関税が要求されることがあるため、郵便局留めを使った方が良いです。