女性の不感症にも有効なED治療薬バイアグラ

この記事は約 4 分で読めます。

ED治療薬のバイアグラと言えば、男性の勃起不全その他の下半身の悩みを改善するためのものという認識で、瞬く間に世界中に知れ渡るようになりました。
その後、バイアグラ以外にもたくさんのED治療薬が登場し、さらには後発医薬品であるジェネリックまで出てきました。
現在は非常に多くの選択肢から自分にもっとも適した薬を選んで、症状の改善に努めることができるようになっています。
多くの男性に悩みが改善されるようになったという声が増えるとともに現れたのが、女性用バイアグラです。

女性の場合は性行為の際に快感を感じることはできるけれども、興奮して濡れるところまでいかなかったり、濡れないために性交痛に悩まされているなど、一言で言えば不感症であることからどうしても性行為を敬遠してしまう人にうってつけです。

男性の症状が改善したのに、パートナーとなる女性が不感症のために乗り気でないとなると男性としては悲しいものです。
そのためにほかに相手を探してしまうなどしてお互いのパートナーシップに亀裂を生じることはできるだけ避けたいところです。

そこで、思い切って女性用バイアグラを試してみるのもいいのではないかと思われます。
女性用バイアグラはピンク色をしているダイフルカンと呼ばれる治療薬ですが、ジェネリック医薬品としてファルカンやラブグラ、レディグラといったものがあります。
女性用バイアグラの存在を知っている女性のなかでもっとも知名度が高いのはラブグラで、名前の響きの良さも影響を与えているのかもしれません。

不感症に悩む女性に一度試しに飲んでみたらと勧めることができる男性は、やはり夫という立場にいる人です。
自分が勃起不全で悩んだときにバイアグラを試してみるよう、妻である女性に勧めてもらったとしたら、今度は不感症に悩む妻に夫として理解を示しましょう。
少しでも悩みが改善するのであれば、やってみる価値はあるのではないかといった具合に、優しく背中を押してあげるのがいいでしょう。

血管拡張作用により感度も良好に

妻に面と向かって不感症気味だから女性用バイアグラを飲んでみたらとはなかなかいえないという場合には、こっそりと買ってしまうのもいいかもしれません。
マンネリを打開するための媚薬はラブグッズを販売するショップに多数売られていますので、これも媚薬の一種なんだけど試してみないかといった具合に持ち掛けるといいでしょう。
薬であることから副作用が気になるところですが、女性用バイアグラを服用して副作用が出たという報告はほとんどないことから、比較的安心して飲めるといえます。

女性用バイアグラであるラブグラには血管拡張作用があり、女性がもっとも快感を感じる部分に血流が集まるという特徴があります。
その結果、最も快感を感じる部分の感度を高めるという効果があるだけでなく、体中の性感帯が敏感になり、全身の感度が高まるという効果を感じることすら可能という仕組みです。
体が愛撫に敏感に反応すれば、当然のことながらパートナーとの行為に満足感が得られますし、これまでの不感症が嘘のように愛撫に対して大きな反応が起こるようになります。

結果的に男性はもちろん、これまでは痛みのあまり敬遠してきた女性の方が、より大きな満足感を得ることができることにびっくりし、夜の生活も激変するでしょう。
男性の勃起不全の改善策であるバイアグラも血流をよくすることで力が増すでしょう。
また、長時間持続するようになることを考えれば、女性用バイアグラも血管拡張作用により性感帯に血流が集まり、感度が増すという仕組みになっていることが容易に理解できます。
女性によってはこれまでの不感症が嘘のように感度が良好になり、常に絶頂に達しそうな感覚があると感じる女性もいるといわれているくらいですので、男女共に一度は試してみたいのが女性用バイアグラと言えそうです。